LOG IN

#SOLOV NOW VOL.2 写真家 草野 庸子

by eiko tanaka

ずっとずっと気になっていた彼女の写真。
刹那的で、何気ないのに、今この一瞬をとても愛おしく感じているのものすごくがわかる写真。

写真家 草野 庸子氏。1993年生まれ。とてもとてもフレッシュ。福島県出身で写真をはじめたきっかけは、上京してから感じた次々とループのように広がって行くような出会い、こんなに今親しくしているけど、この先どうなるかわからない関係、次会うときは確実にアップデートされてしまっている友人たちの自分たちの今を切り取っておきたい。そんな想いから。。。と。

写真を初めて見つけた瞬間、なんだかすごく好きだなー、と一目惚れ。

そして共感、、、。
わたし自身、服を作るときに考えることが、今この瞬間自分が感じてること、一番興味があることを詰め込みたい!とすごく思うので、、、。
自分が感じていることを1つの洋服に落とし込んで、それに共感してくれる人たちがいて、どんどん変わって行く自分と変わらない自分と、その時の記憶と、この先の予感を共有したい気持ち。

そんなところから勝手に親近感をもちラブコール。

前回のFish Zhengさんに引き続き、今わたしがすごくすごく気になるフォトグラファーに今の気分を写真に閉じ込めてもらうこの企画 「SOLOV NOW」

VOL.2もコレクションルックとは、一味違う、どちらかというと素のsolovを楽しんでいただけたらと思います。

今回はこれから発売して行くsolovのsummer collectionを
草野さんにフイルムで撮りおろしていただきました。Instagramの SOLOVのアカウント @solovofficial  にて全貌を公開していきます。

スタイリングは安定の島田 達也氏。

モデルは彼女の友人。

夏の少し気だるい午後。

友人の家で何気無く過ごす。

何気無くってでも楽しくて仕方ない1日。


草野 庸子1993年生まれ、福島県出身。桑沢デザイン研究所卒。第37回写真新世紀優秀賞(佐内正史選)を受賞し、2017年に出版した写真集「EVERYTHING IS TEMPORARY」が話題となり今もっとも注目される若手フォトグラファー。


eiko tanaka
OTHER SNAPS